愛した男はADHDでした。

はじめまして、さくらです。結婚10年めで、夫タクミさんがADHDと判明。日々の迷いと決意を綴ります。

ADHD夫は会話を覚えていられない。ASD夫は言葉の省略がわからずそれを相手のせいにする。

今日は国語の問題風に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下の文章を読んで問題に答えなさい。

=======================================================
タクミ「土曜日、休日出勤しなきゃいけなくなった」
さくら「おつかれさま。大変ね。朝は何時に出発するの?」
タクミ「いや、朝からはいかない。午後1時につけばいいから12時くらいに出る」
さくら「お昼ごはんは家で食べていく?」
タクミ「うん、食べる」
さくら「じゃあ11時くらいには用意するわね。帰りは?」
=======================================================

さくらの台詞「帰りは?」は以下のどれでしょうか。

A 「帰りは何時に帰ってくるの?」
B 「帰りは何時に帰ってくるの? 夜ごはんは家で食べる?」
C 「帰りは電車に乗って帰ってくるの?」
D 「【帰り】は英語で何て言うでしょうか」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この会話は数日前の我が家の実録です。
このとき、私はBの意味で「帰りは?」と言いました。このテキストだけだとAと感じる方もいると思います。

話し言葉には、話し手の仕草や目線、語調、直前まで話していた内容、日頃の習慣、話し手と聞き手の関係性などによって、別のニュアンスが足されます。「土曜日の休日出勤の帰り、タクミさんは何時に帰ってくる?」「土曜日の休日出勤の日、夜ごはんは食べる?」と言わなくても、「帰りは?」だけで自然に意味がわかって伝わる。それが一般的なコミュニケーションです。

ところが、ADHDの傾向があるタクミさんはテレビの音量が気になるとか、途中で子どもたちが話しかけてきてそれに答えるとか、さまざまなことで気が散って、それまでの会話を忘れてしまうことがあります。脳が直前の言葉だけをフォーカスする。突然「帰りは?」と尋ねられた状態です。タクミさんはそれが何を意味しているのかわからず、答えられません。

また、ASDの傾向があるタクミさんは文章の意味が分からないときに「正しい文法を使わないさくらに責任がある」と感じます。タクミさんはタクミさんが主人公の世界に住んでいて、他の人は自分と別の感じ方をすることがわからないからです。
タクミさんは「帰りは?だけだと何を聞きたいのかわからない。帰る手段を聞きたいのか、帰るという言葉の意味を知識として確認したいのか、きちんと言ってくれないと困る」と考えます。そして相手を責めるようなことを言ってしまったりする。

実際には以下のような会話になりました。

さくら「じゃあ11時くらいには用意するわね。帰りは?」
タクミ「は?」
さくら「帰りは?」
タクミ「帰りはって?」
さくら「帰りの時間は?」
タクミ「帰りの時間はって言われても?」
さくら「…あなたが帰ってくるのは何時ごろ?」
タクミ「今、家にいるから、すでに帰っている」
さくら「今の話じゃなくて、土曜日に休日出勤するんでしょう? その日は何時に帰ってくるの?」
タクミ「今聞かれても土曜日にならないとわからない」

きーーーーーーっ(発狂)

これ、テキストだとニュアンス伝わらないと思うんですが、タクミさんはちょっとさくらを責めるような口調というか。
「さくらさんが言っている内容、僕には全然伝わらないんですけれど正しい文法で言ってもらえます〜?(丁寧口調)」というのを想像していただけると雰囲気近いです。

私はタクミさんの特性を理解しています。それが発達障害からくるものだとわかっています。発達障害は本人の責任ではなく先天性のものでどうしようもないと知っています。そしてなによりタクミさんの妻であり彼を愛している、はず、ですが、それでもかなりイラッとくるこの展開。あーーーーーーーイラつくわ!

でも、タクミさんは思ったことをただ口に出しただけなので、なぜ私が不機嫌なのか全く理解できません。というか、ここで私が黙り込んだ場合は「さくらは不機嫌である」ことすらわからない。

ここまできてしまうと空気は相当険悪です。挽回するのにはかなりのエネルギーが(しかもカサンドラ妻側だけのエネルギーが)必要で、カサンドラはどんどん消耗します。

ADHD、ASDの傾向があるタクミさんと正しくコミュニケーションを取りたい場合、正解は?

  • 「帰りは?」ではなくて「土曜日、帰ってくるのは何時?」と聞く。
  • 夜ごはんについてはそのとき話題にしないで当日聞く。


わかってる! わかっていて、普段は本当に本当に気をつけているのに、うっかりやらかしてしまうともれなくタクミさんはつまづいてくれて、そして私だけが消耗するんだわ。